【福利厚生】ベネフィットステーションのおすすめ優待サービス5選(映画・旅行)

ひこまる(@hikomaruuu)です。

この記事では、今一番勢いのある福利厚生サービスのベネフィット・ステーションの中で、映画やフィットネスや旅行等のジャンルで、めちゃくちゃ節約できるおすすめサービスを紹介します!

あなたの会社の福利厚生や契約している保険についているならば、使わなきゃ損ですよ!

ベネフィットステーションとは

ベネフィットステーションとは株式会社ベネフィット・ワンが提供する福利厚生サービスの一種で、人生のあらゆるシーンでご利用いただける会員制割引サービスです。

ベネフィットステーション

そのサービスカテゴリーは大変幅広く、レジャー、グルメ、ショッピング、スポーツ、旅行、 育児・健康・介護などの分野で提供されています。

サービス数は140万件以上、地域・世代間格差なく何度でも利用可能です。

何故そんなに安くできているかと言うと、 スケールメリット(1,109万人の”超”団体割引)が効いていたり、閑散期などで余っているサービスを安く提供したり、色々と工夫をしているからなんですね!

↓↓会社の人事担当者向けの動画ですが、どんなサービスかが分かる動画を掲載しておきます。

ベネフィットステーションでおすすめ優待サービス5選!

映画(TOHOシネマズ/T・ジョイ/イオンシネマなど

1,900円 1,400~1,500円!!

映画ってレイトショーやレディースデイ等安い日もありますが、どうしても時間に縛られるといけないことも多々。

それが日常的に1400円になるのはありがたい!

デジタルクーポンコードでチケットが発行されるので、いちいち映画館に足を運ぶ必要もなく便利。

(中には映画館にチケットを受け取りにいかないといけないものもありますのでご注意を。)

スポーツジム(ゴールドジム)

年間パスポート(送料込) 184,800円 ⇒ 141,000円!!

これだけでも4万以上も得してしまいますが、年間パスポートなんて幽霊会員になるのがオチです。笑

そんな人は、入会登録料5500円 ⇒ 無料&都度利用料金 2864円 ⇒ 1,280円/回を利用しましょう!

他のジムと比較してゴールドジムはマシーンがしっかりしているのでおすすめ。

週一で通っても5千円とちょっと。これはお得!

スポーツジム(コナミ/ルネサンス/セントラルなど)

どのフィットネスクラブも、大体都度利用料金2000円くらいはするものですが、なんと驚愕の550円~!!

これは使わない手は絶対にないです!

一度施設を登録さえすれば、系列店はどこでも同料金で利用することができます。

ちなみに利用する際は、現地にてベネフィットステーションのWEB会員証を提示すれば大丈夫です。

印刷が必要な場合もありますので、その場合は近くのコンビニで印刷していきましょう!

ホテル(星のリゾート、東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート)

夢の国ディズニーランド・シーに行くときにそんな安くで泊まれるの!?

なんと4,700円~

ベネフィットで宿泊できる施設を確認しましたが、ここはかなり安い方と思います。

他にも星野リゾート等の少しリッチなホテル掲載されており、1万円以下で泊まれたりと確かに安いプランがいくつかありました。

しかし、一休等の他の予約サイトとあまり大差はないように感じました。

食べタイム

食べタイムは、月額308円(税込)で、飲食店のおトクなクーポンやWEB予約を 利用できるグルメクーポンサイトですが、なんとベネフィットステーションでは、Web申し込みで「食べタイム」のおトクなクーポンとWeb予約が使い放題!!

中々行きたい店は少ないですが、最大50%も飲食代が安くなるので、うまく使うと大変お得ですよ。

今後、良い店があったら追記します。

まとめ

いかがだったでしょうか。

福利厚生サービスのベネフィット・ステーションの中で、めちゃくちゃ節約できるおすすめサービスを紹介しました!

今回紹介したもの以外でも、カラオケ、ディズニーランド入場券、温泉施設などおすすめをあげればきりがありません。

こういうのは知ってる知らないで支出が全く変わってきます。

せっかくある権利なのだから、有効活用していきましょう!

以上です。

ABOUTこの記事をかいた人

ひこまるは大手東証一部上場企業にて、人工知能を活用したサービス企画職に携わるサラリーマン32歳。 死ぬまでにやりたいことをリスト化したバケットリスト達成のため、大学生の頃からリストを更新し続け、達成したリストの数は200を超えるが、時間とお金がかかるリスト(例えば世界一周旅行)は達成できずに蓄積され続ける。 そんな折、アーリーリタイアして働かずに生きる投資家や同じ志を持つ仲間と出会い、バケットリスト達成には、国や会社に依存せず、自ら資産形成して経済的にも時間的にも自立する必要があることに気づき日々邁進中。 レールがないこの時代を生き抜くための方法を模索し、自分の学びを共有する場として本ブログ(バケットリストと経済的自立)を執筆しています。 年金受給額引き下げや受給年齢引き上げ・終身雇用制度や退職金の廃止が進んでいく昨今、本ブログを通じて、ともに歩んでいける人が増えると幸いです。