ハネムーン(新婚旅行 )なら絶対モルディブ! ホテルレジデンスで味わえる3つの魅力

ひこまる(@hikomaruuu)です。

首都マーレからさらに飛行機で行く離島の超隠れ家的ホテル「 ザ レジデンス モルディブ (The Residence Maldives) 」を、①水上ヴィラへの宿泊、②クラランスでのマッサージによる癒し、③ビュッフェ・BBQ・海上レストラン等で堪能できる食事の3つの観点からオススメする記事です。

特にハネムーン(新婚旅行)ツアーでモルディブを検討している人にとっては、参考になるかと思いますので、ぜひご覧になってください♪

はじめに

筆者は南国と言えばハワイのオアフ島をイメージしており、海沿いに高層階ホテルが佇み、海外ハイブランドのショッピングやエッグベネティクトやパンケーキ等をカフェで楽しむ、優雅でおしゃれなところが当たり前だと思っていました。

しかしモルディブには高層階ホテルなんて存在しておらず、宿泊するところは島一周歩いて30分くらいの小さな離島。

ショッピングモールなんてまずないし、あるのはその離島にあるホテルの施設のみ。。

え、大丈夫かな?正直田舎臭そうというのが、始めてモルディブを調べた時の感想でした。。笑

しかし今考えてみると、多少の不安を覚えながらも、モルディブに行くことを決心して本当に良かったです。

ハワイとは全く異なる魅力がそこにはあったのです。

結論から言いますと、モルディブ、、マジで「天国」ですよ!!!

モルディブとは

モルディブとは、インドとスリランカの南西に位置している約1,200の島々から成る島国です。(正式名称はモルディブ共和国と言います。)

なんとなんと!HONEYMOON NAVI ハネムーンランキングでも、行きたい旅行先ランキングの一位(2018年11月時点)を獲得しています。

私達夫婦も、2017年にハネムーン(新婚旅行)で利用したので、時代を先どっていたようですな(ドヤ顔)

ちなみに治安リゾートホテルが入っている島々の治安はとても良いので、安心して旅行先に選んで問題ございませんよ。

ただし、テロが世界的に起こっている時など、首都のマーレでは危険レベルが少し上がるときがあります。モルディブに限らずですが、海外に行く前は外務省のホームページを必ずチェックしましょうね!

外務省海外安全ホームページ

モルディブの最大の特徴は、「1島1ホテル」の構造となっており、なんと歩いて30分程度で1周できてしまう程度の小さな島(≒ホテル)が、旅行先での行動範囲になります。

だからこそ、どの島に行くかによって体験できることは全くもって変わってきます。

モルディブに行く、と決めるだけではなく、どの島(≒ホテル)に行くかが重要です。

だから私が答えを教えましょう。。

答えは、ザ レジデンス モルディブ (The Residence Maldives)』です!!!!

ザ レジデンス モルディブ (The Residence Maldives)

世界最大かつ最も深い珊瑚島のガーフアリフ環礁。その極上の海に浮かぶラグジュアリーリゾートが「ザ・レジデンス・モルディブ」です。

全長1kmの細長い島には、豊かな緑と野生の動植物、そして周囲には彩り豊かなサンゴ礁と広大な海の世界が広がり、モルディブならではの魅力を存分に体験できるリゾートです。

引用:Anniversary Travel

アクセスとしては、首都マーレからは国内線で55分、その後ボートに乗り換えて約10分くらいで到着します。

え~マーレからまた飛行機!?と思われるかも知れませんが、ここまで来たら1時間くらい我慢しましょう!

絶対に後悔しませんので!

日本からの行き方は、りり記「モルディブ新婚旅行にかかった費用と、行く前に知りたかった10のこと」にめちゃくちゃ詳しく記載されています。レジデンスにしなくとも、モルディブ行くなら一回目を通しておくと良いですよ。

さぁ、いよいよレジデンスの魅力に迫っていきましょう。

水上ヴィラ ※ハネムーン特典あり


ザ レジデンス モルディブ (The Residence Maldives)は、全室ヴィラタイプとなっているので、どの部屋でも満足感を得られると思いますが、少しお値段をあげたとしても、「水上ヴィラ」をオススメします!

何故ならば、1島1ホテルという特性上多くの時間をヴィラの中で過ごすことになるためです。

モルディブなんて一生に何度も訪れるところではありませんので、少し値段を上げたとしても、水上ヴィラで得られる満足感を考えるとコスパは確実に高く、「水上ヴィラ」一択です!

ヴィラ寝室

ベットもハネムーン仕様にメイキングされています♪

テラスから見た部屋はこんな感じ♪
外はエメラルドグリーンの海が水平線いっぱいに広がっています。雰囲気良いでしょう?

モルディブについた日は夜だったので、次の日に朝起きてテラスでこの景色を見たときは思わず

「おぉ!」

と声が漏れ、気づけばハネムーン特典の赤ワインをポンッと開けていました。(朝の出来事です。笑)

また、水上ヴィラはシュノーケリングスポットのど真ん中にあり、テラスからは海に入ることができるのです~。

さまぁ~ずのサマーリゾート風に起きて10秒で海へダイブできますよ♪笑

スパ ~クラランス(CLARINS)~

引用:Anniversary Travel


水上ヴィラの一角にて、初めてスパなるものを体験しました。最近日本でも人気のクラランスのスパです。

体験途中の写真を見せられないのがはがゆいですが、普段行っている整骨院とは全く異なる優しい手付でマッサージをしていただき、私はあまりの気持ちよさに寝てしまっていたようです。(もったいないことをした。。)

ビーチテラス&バー



ここはレジデンスの中でも、筆者の一番のお気に入りでした♪
ビーチ沿いにプール付きの大型テラスが構えられており、その横にはビーチバーがあります。

ちなみに夜はこんな感じ

いつ見ても素晴らしい。。
でもこんな良いところ、どうせ混んでるんでしょう?と思われるかも知れませんが、そこはさすがレジデンス様。

そのような混雑も考慮して宿泊人数も絞っており、混雑することはまずございません!

ちなみに私達夫婦はお気に入り過ぎて、毎夜毎夜テラスに訪れては爆睡し、テラスで深夜2時くらいまで寝ていました。

あとから知りましたが、このテラスは12時くらいには通常閉めるのですが、宿泊者がいる限り開けてくれるシステムとのこと。私達が毎夜爆睡しているから、閉められなかったのだ。。(スタッフの皆さん本当すんません)

ちなみにビーチバーではお酒と簡単なツマミも頼めちゃいます♪

写真は『ビアモヒート!』これは一生に一度は飲んでほしい一品です!

レモンやハーブで南国らしいさっぱりとした口当たりのビールで、めちゃくちゃ美味しかった♪

メインダイニングのブッフェ


メインダイニングは毎日メニューが変わるのですが、ビジネスホテルのように2~3品ではなく、なんと全品変わるんです!

しかも「フランス料理」「インド料理」のようにテーマも変わるので、毎日行っても飽きません。

「日本料理」もあったので、海外で食べる日本料理はどんなものだろうかと興味を持っていましたが、奥さんに止められ断念しました。

『ビーチテラス&バー』横で開催されるBBQ

週に2~3程度開催されるBBQ。外で食べるBBQとは思えないクオリティが並んでおります。。
どれも美味しかったのですが、どうしても〆的なものを食べたくなった私は、無理を言ってパスタ作ってよ!なんて頼むと、本当に作ってくれました(写真撮影していなくて残念。。)

雰囲気抜群です!

ディスプレイのクオリティ高し。笑
勿論デザートも♪

海上レストラン ファルマ(世界最強のレストラン)

引用:Anniversary Travel

ここが本当にやばかった。

ひこログで言うと星「5.0」です。人生最高レストランに私が出演するなら、ここを人生最高のお店に指定します。

本当に私の人生で一番良いレストランであり、これ以上のお店に出会えることがあるのだろうか、、今後の人生が不安なほどです。。笑

それくらい感動を覚えたレストランでございました。
このレストラン、海上に浮かぶレストランのテラス席(つまりほぼ海の上)で食事ができるのです。

この写真がテラス席からの風景。

これがテーブル♪写真が暗くて分からないのですが、テーブルの1m先は海で、波の音を聞きながら食事を取ることができます。

そんな状況の中、食べる料理も南国カクテルも神がかって美味しいです!!

レストランの照明もギリギリまで落としていて、星が綺麗に見えるのなんの。。。

本当に星が落ちてくるんじゃないか?と思ってしまうくらいにびっしりと星が輝いていました。

最後に

最後になりますが、施設や食事以外に関しても、レジデンスはスタッフのサービスの質が高いです。

例えば、掃除スタッフにバギーの運転スタッフ、またはマリンスポーツ等を教えてくれるアクティビティスタッフはみんな笑顔で対応してくれて、本当に良い新婚旅行になりました♪

モルディブは島によってもよりけりだとは聞きますが、どこの島にするか迷っているのであれば、レジデンスは絶対的におすすめです!

もう一度言いますが、モルディブ(レジデンス)は、「天国」でした♪

ちなみに、モルディブは海抜が低く、1m海面が上昇すると国土の80%が失われるとも一部では言われています。。

そうなってしまう前に、死ぬまでに行ってみたい場所の1つとして、あなたのバケットリストに追加してみてはいかがでしょうか。

最後に、こちらのハネムーン特典のフォトシューティングで撮影した一枚で締めます♪新婚旅行で行く方は、ぜひ真似してみてください~♪笑

ABOUTこの記事をかいた人

東京都在住30歳の♂、本業はサラリーマンです。 「楽しむために楽をしない」をモットーに、考えるだけでワクワクする死ぬまでにやりたいことをリスト化し、毎日書き留めていきます。 誰しも興味は持っているけど経験したことがないテーマについて、実際の体験談に基き、共感してもらえるように綴っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします♪