稼ぐ

【初心者向け】初めてクラウドワークスで働いた筆者が教える使い方

ひこまる(@hikomaruuu)です。

皆様はクラウドワークス(crowd works)というサービスをご存知でしょうか。

会社員の複業解禁や主婦の方のお小遣い稼ぎのための在宅ワークの需要が増加してきたことに伴い、知った方も多いでしょう。

この記事では、クラウドワークスに興味を持っている人に向けて、クラウドワークスの評判や仕事内容・はじめ方などを筆者が実際に働いた経験を交えなら紹介します。

こんな人におすすめ
  • クラウドワークスって実際のところどうなの?
  • クラウドワークスってどんな仕事があるの?
  • 仕事の選び方・初心者におすすめの案件を知りたい。

クラウドワークスとは


クラウドワークスとは企業と個人がオンラインで直接つながり、仕事を受発注できるクラウドソーシングサービス※です。
※「クラウドソーシング」とはインターネット上で企業が不特定多数の人に業務を発注(アウトソーシング)する業務形態のこと。

まぁ簡単に言うとお仕事マッチングサイトです。

このようなクラウドソーシングは他にもあって、ランサーズココナラも同じ類のサービスです。

メルカリのようにC to Cでアンケートを取得するためだけに使っている人もいるのですが、実は大企業・政府が発注する案件もあるんです!

クラウドワークスの評判・口コミ

クラウドワークスの評判は色々あるようですが、皆メリット・デメリットをまとめてくれているはものの、それは人によって異なるから一概に言えないと思うんですよね。

例えば「稼げない」という口コミはいや~そりゃスキルに差があるんだから当然じゃんと思いますし、「手数料が高い」という評判に対しては感じ方は人それぞれじゃん!と思うわけですよ。

でも実際に働いてみてそれらの口コミを私なりに整理すると…正しくは以下2点かと思いました。

  • 月20万円以上稼ぐのは難しい(特別なスキルがいる)
  • 月20万円以上稼げない人は手数料が高い(10~20%)

月20万円以上稼ぐのは難しい(特別なスキルがいる)

さて、稼げるか稼げないかで言うと誰だって稼げます。

ただし、駆け出しのライターさんなら以下のツイートが実情でしょう。

「え、1ヶ月も頑張ってたったの2万円!?」と思われるかも知れませんが、はじめの頃は誰でもこんなもんだと思います。

筆者は1ヶ月フルで試したことはありませんが、どうしてもプログラミングやWebサイト構築など特別なスキルがないと20万円…いや10万円もいかないかもな…と感じました。

手数料が高い

クラウドワークスの手数料は以下の表のようになっていて、その人が月に稼いだ金額によってかかってくる手数料が変わります。


クラウドワークス手数料(働く側)

うげ…高い。。

メリカリ等のC to Cサービスを利用したことがある人は20%は高いと思うかも知れませんが、競合サービスと比較するとほぼ同水準であることが分かります。

最初は私も高いと思いましたが、ジョブマッチングサービスの世界ではこれくらいが相場なのでしょうね。

お支払い方法・手数料 | ランサーズ(Lancers)

お支払い方法・手数料 | ココナラ

クラウドワークスの仕事内容

クラウドワークスで受注することができる仕事カテゴリは以下のカテゴリがあり、システム関連などの特別なスキルが必要な仕事から初めての人でも対応しやすい簡単な事務作業まで幅広く用意されています。

でもこれだけたくさん仕事があると悩んでしまいますよね…?

仕事の選び方は?

この疑問が浮かぶということは、自分が受注した仕事をこなせるのか不安に思っているからだと思います。

そのような人に、同じように悩んでいる人の口コミを紹介します。

クラウドワークスを初めてやるのですが、仕事の選び方がわかりません
どんな仕事なら自分ができるのかなど不安なことが多く上手く仕事を受けることができません。
仕事を受けてできなかったときを考えるとどの仕事を見てもできるかわからなくなります。
なにか対策や仕事選びのコツなどがあれば教えていただけると助かります。

仕事の選び方について(iinKG)

上記の質問に対していくつか回答をまとめました。

  1. できなかったときは「途中終了」ということで、時間は取り戻せませんが報酬は取り消されます。達成できそうにない時の手段も用意されていますので、「取り敢えずやってみる」という考え方でやってみてはいかがでしょうか。
  2. 何ができるのかわからない、ということであれば、まずはタスク系のお仕事にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。
  3. 仕事の中には“初心者OK”というものもあります。その様な仕事にはクライアントがマニュアルを用意してくれていますので、案外行ないやすいですよ。

仕事の選び方について

クラウドワークスで仕事を選ぶときはあまり気負うことなく、自分が興味を持っているジャンルを選んでみても良いと思います。

初心者におすすめの案件は?

カテゴリで言うと、「事務・カンタン作業」はその名の通り誰でも簡単にこなせる仕事ばかりです。更に小さな階層のカテゴリで言うと以下になります。

さらに個人的なおすすめは「ライティング・記事作成」です。

もちろん文章を書くことにもスキルが必要となりますが、ここで身についたライティングスキルは仕事の中でも日常生活の中でも必ず使うものなので、一生重宝すると思います。

また、ここで身につけたスキルを使っていずれは自分のサイトを持ち、発注して自分の時間を買う立場に回ることを筆者はおすすめします。

クラウドワークスの手数料・費用

そもそもクラウドサービスのようなマッチングサービスは、発注した企業および受注した人それぞれからクラウドワークス利用料を貰うことでお金をもらいます。(メルカリなんかもそうですよね)

先述していますが、クラウドワークスの手数料は決して安くはありませんが、ジョブマッチングサービスの相場通りの手数料形態のようですね。


クラウドワークス手数料(働く側)

例えば契約⾦額 10,000円(税抜)の仕事をこなした場合、8,580円もらうことができます。

あれ?20%だから8000円じゃないの?と思うかも知れませんが消費税などの絡みで上記のような金額になります。

詳しく知りたい方は「ワーカーシステム手数料(Crowd works)」をご参考に。

クラウドワークスの使い方・やり方

ここからは、私が実際にブログライティング案件を受注し納品するまでの一連の流れに沿い、使い方を画像で紹介していきます。

※今回の依頼では、あなたの人生が輝くライフスタイルメディア(GYPSEE)さんの「ヤマアラシのジレンマとは」という記事を執筆させていただきましたのでその記事を作成するまでの流れで説明させていただきます。(※サイト運営者emikosasakingさんに掲載許可を頂いております)

ステップ1 クラウドワークスに登録する

クラウドワークスを始めるにはCrowdWorks(クラウドワークス)から会員登録が必要です。

遷移した画面右上の「会員登録」から登録を実施してください。

ステップ2 仕事を探す

「仕事を探すボタン」を押下する

仕事カテゴリから興味のあるカテゴリを選択する(私はブログ記事作成の経験があったことからライティング・記事作成→ブログ記事作成を選択)

427件の仕事がヒットしました。

さて、この中からemikosasakingさんが出している【1記事1500円/5000文字】心理学・メンタルヘルス記事のライティングに興味を惹かれたので応募しました。

ステップ3 応募依頼する

「応募画面へボタン」を押下する。

応募に必要な情報を入力する

ステップ4 契約する

契約と言ってもクラウドワークス上では小難しい契約処理は一切なく、こちらが出した条件に先方が応じてくだされば必然的に契約完了となります。

※人によってはここで条件交渉などをして進めることもできます(例:1文字の単価を0.3円→0.5円にあげてほしい等)

ステップ5 業務実施・納品する


契約後、クラウドワークス上のチャット画面からメッセージのやり取りができるようになるので、そこで発注者から「サイトURL」と指定される記事の内容が共有され、業務開始します。

あなたの人生が輝くライフスタイルメディア(GYPSEE)さんの「ヤマアラシのジレンマとは」という記事を執筆させていただきました。

業務完了後は、チャット画面から納品処理を実施すればコチラ側の処理は完了となります。

あとは委託側が検収・支払い処理を行えば業務完了となり、お互いに評価を付けあって全てのやり取りが終了となります。

実際に働いてみた感想(ブログライティング編)

実際に私が働いてみて率直に思った感想をお伝えします。

結論から言うと、やって良かったですし、この記事を見て「クラウドワークスで働いてみたいな~」と悩んでいる方はぜひトライして欲しいと思います。

自分で仕事を探して受注し業務を行い報酬を得るという一連の流れは、ただただ勤め人をしているだけでは経験できませんので、時間がある主婦等の方も勿論ですが、個人的にはサラリーマンの複業として一度は経験すると視野が広がるのではないかと思っています。

なぜ心理学・メンタルヘルス記事のライティングを選んだのか?


もともと心理学や人心掌握術などに興味を持っていて、日本メンタルヘルス協会にも参加したことがあったため、シンプルに私が好きなジャンルを題材にできたからです。

実際にどれくらい儲かったのか?

今回の仕事は1文字約0.3円の案件で、5,000文字で1,500円の報酬でございました。(クラウドワークスさんに収める分を抜くと1,287円の報酬)

記事作成にかかった時間としては調査時間も含めて5時間程度です。

人によっては求める単価や報酬額は異なってくると思うので自分に合う案件を探していただければと思いますが、emikosasakingさんは記事タイトルや見出しも指定してくださる親切な方なので、ぜひ興味を持った方はコンタクトを取ってみてはいかがでしょうか。
※特に初心者の方にはおすすめですよ!^^

まとめ

いかがだったでしょうか。

この記事では、クラウドワークスに興味を持っている人に向けて、クラウドワークスの評判や仕事内容・はじめ方などを筆者が実際に働いた経験を交えなら紹介してきました。

サラリーマンや主婦の方も多いですが、発注するアフィリエイターやブロガーの方も一度他の方の記事作成を経験してみるというのも視野が広がり良いと思います。

CrowdWorks(クラウドワークス) 

この体験記事が、皆様のクラウドワークスライフへの一歩に繋がると幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
ひこまる
大手ゆるふわホワイト企業にて、人工知能を活用したサービス企画職に携わるサラリーマン33歳。 死ぬまでにやりたいことをリスト化したバケットリスト達成のため、大学生の頃からリストを更新し続け、達成したリストの数は200を超えるが、時間とお金がかかるリスト(例えば世界一周旅行)は達成できずに蓄積され続ける。 そこで将来FIREするために、複数サイトを運営するアフィリエイターとしてひたむきに頑張っている。そんな男です。