チームラボって誰?チームラボボーダレスって結局何?って人へ【お台場】

ひこまる(@hikomaruuu)です。

みなさまはこの画像見たことありますか?全く美しすぎやしませんか。。?

これは最近メディアでも取り上げられまくっている「チームラボ」というデジタルアート集団が手がける作品の1つで、『チームラボボーダレス』と呼ばれるお台場で開催されているイベントで見ることができます。

筆者はこの画像の風景を見たくて見たくてチームラボボーダレスに足を運んだのですが、、なんと見れなかったのです!

ご覧になっていただいている皆様は、おそらくこれから行く人でしょう。

私のようになって欲しくないという思いからキーボードを執った次第です。。

まずこの記事では、チームラボとチームラボボーダレスについてご説明します。

チームラボとは

チームラボとは、2001年東京大学大学院の学生を中心に活動開始した、 様々なスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団を指します。

正直、世界的に超有名な集団が日本に進出してきたと思っていたら。。え?日本人、しかも東京大学生が初めたものだったのですね!

アート・サイエンス・テクノロジー・クリエイティビティの境界を超えて活動している。大河ドラマ「花燃ゆ」のオープニングから、ミラノ万博2015の日本館、ニューヨークPace Gallery、ロンドンSaatchi Gallery、パリMaison & Objet、47万人が訪れたお台場のチームラボ展など、世界中で展覧会を行っている。

テクノロジーとクリエイティブの境界はすでに曖昧になりつつあり、今後のこの傾向はさらに加速していくでしょう。そんな情報社会において、サイエンス・テクノロジー・デザイン・アートなどの境界を曖昧にしながら、『実験と革新』をテーマにものを創ることによって、もしくは、創るプロセスを通して、ものごとのソリューションを提供します。

引用:https://www.team-lab.com/about/

活動内容も大変広いので、デジタルアートのイベント系だけ抑えておくと、以下の3つかな?

北野武(ビートたけし)さん、山下 智久(山P)さん、ローラさんが出演されている②も、自然と融合された③も大変素敵なのですが、おそらく今一番メディアに取り上げられ人気を博しているのは、私が足を運んだ①ではないでしょうか。

本当は銀座シックスでも一部あったりするのですが、取り上げるとキリがないので割愛。

①【東京】チームラボボーダレス(teamLab Borderless)

②【東京】チームラボプラネッツ(teamLab Planets TOKYO DMM.com)

③【佐賀】チームラボ かみさまがすまう森

チームラボボーダレスとは

これ非常に説明が難しいのですが、私がチームラボボーダレスって何?と聞かれるならばこう答えます。

人とアートの境界のない世界をデジタルアートで表現したイベント

結構的を射ていると思います。

人は自らの身体で自由に動き、他者と関係性を持ち、身体で世界を認識する。そして身体は時間を持ち、脳内で考えは、同じ脳内の他の考えと境界が曖昧なまま影響を受け合い、時には混ざり合う。

アートも、部屋から出て、自ら動き出し、人々と関係性を持ち、身体と同じ時間の流れを持つ。そして、作品は、他の作品とコミュニケーションし、影響を受け合い、他の作品との境界がなく、時には混ざり合う。そのような作品群による、境界のない1つの世界『チームラボ ボーダレス』を創ろう。

人々は、自らの身体でその世界に迷い込む。そして、その境界のない作品群は、人々の存在によって変化する。その1つの世界に、他者と共に身体ごと没入し、溶け込んでいくことで、自分と他者との境界を連続的なものに変えていくだろう。そして私たちと世界との、境界のない新しい関係を模索していくのだ。

引用:チームラボボーダレス

公式HPから引用しましたが文章もアートですね~。凡人の私には難しい。笑

要約すると、

・人は他者と関係を持っていて、互いに影響し合っているよね。

・それはアートも一緒なんだ!このイベントではアート間でも互いに影響し合っている。だから境界をなくすという意味でボーダレスなんだぜ。

・人が近くにいることでアートは変化するよ。あなたがこのイベントに来ることで、人とアートの境界のない世界を作ってみたくないかい?

そこそこ言いたいことは掴めているはず。笑

だから人とアートの境界のない世界をデジタルアートで表現したイベントなんですね~。

でもこれでも良く分かりませんよね。一度イベントに行ってみると、上記の意味が分かるんです。

価格も特に高すぎるわけでもないので、デートなどには最適だと思いますよ♪

■営業時間

月~木 10:00- 19:00
金、土、祝前日 10:00- 21:00
日・祝日 10:00-20:00

■場所

MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless
東京都江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン Googleマップ

■価格

エントランスパス(前売券・当日券 共通)

  • 大人 高校生以上(15才〜)3,200円
  • 小人 中学生以下(4〜14才)1,000円

詳細は公式HP:https://borderless.teamlab.art/jp/

後半に続きます。(以下を御覧ください♪)

チームラボボーダレスのランプの森の行列が半端じゃない件【お台場】

ABOUTこの記事をかいた人

ひこまるは大手東証一部上場企業にて、人工知能を活用したサービス企画職に携わるサラリーマン32歳。 死ぬまでにやりたいことをリスト化したバケットリスト達成のため、大学生の頃からリストを更新し続け、達成したリストの数は200を超えるが、時間とお金がかかるリスト(例えば世界一周旅行)は達成できずに蓄積され続ける。 そんな折、アーリーリタイアして働かずに生きる投資家や同じ志を持つ仲間と出会い、バケットリスト達成には、国や会社に依存せず、自ら資産形成して経済的にも時間的にも自立する必要があることに気づき日々邁進中。 レールがないこの時代を生き抜くための方法を模索し、自分の学びを共有する場として本ブログ(バケットリストと経済的自立)を執筆しています。 年金受給額引き下げや受給年齢引き上げ・終身雇用制度や退職金の廃止が進んでいく昨今、本ブログを通じて、ともに歩んでいける人が増えると幸いです。