損益通算とは何?会社にバレずにできるか税務署に電話で聞いてみた

ひこまる(@hikomaruuu)です。

この記事は、会社にバレずに損益通算をする方法を知るために、筆者が税務署に電話をして情報収集した結果を記事にしたものです。

損益通算とは

皆さんは、こんな話を聞いたことありませんか?

損益通算とは、副業(複業)や不動産投資で経費を積んで赤字となった場合に、確定申告時に本業での収入である給与から差し引いて還付金を貰える仕組みのことです。

簡単に言うと、本業以外の収入(不動産投資や個人事業等)で赤字が出た場合は、本業で得た所得にかかる税金を安くなるという仕組みです。

合法的に払わなくて良い税金があるなら、そりゃ~払いたくないですよね。

損益通算してると会社にバレたくない理由

筆者の会社は複業OKであるしだが、筆者は言わないつもりである。

何故なら、プロジェクトが炎上しているときにブログはしっかり上がってる、なんてことになると示しが付かないからである。

また、筆者の会社ではまだまだ複業を行っているものは少なく、どうしてもアウトローに近い存在として扱われ、色々と動きづらく本業に支障をきたす。

会社に複業やってると伝えて良いことを1つもないと、筆者は考えている。

会社にバレないように損益通算するためには

なぜバレるか、知り合いの公認会計士に聞いてみたところ、殆どが住民税の徴収方法が「特別徴収」となっていることが原因らしい。

どういうことかと言うと、確定申告をする際に徴収方法を「普通徴収」とするか「特別徴収」とするか選択できるのだが、「特別徴収」を選択すると源泉徴収されてしまうのだ。

つまり源泉徴収を実施している会社から、本業から得た所得から計算された徴収されるべき住民税額よりも、副業で得た所得分も考慮されて計算された金額の徴収がされてしまい、ここでバレるとのこと。

じゃあ確定申告の時に『普通徴収』を選択すると全てが解決するかと言うとそうではない。

住民税は市区町村により異なり、『普通徴収』にしていても、給与以外にかかる住民税がマイナスの場合は、特別徴収になってしまうケースもあるらしい。

税務署に電話して聞いてみた

自分の住んでいる住所から、管轄している税務署をまずは調べる必要がある。

国税庁のホームページの「税務署の所在地などを知りたい方」で郵便番号を入力すると簡単に出てくる。

電話をかけ、案内に従いボタンを選択していくと、「税について知りたい」という内容(市や区によって異なるかも)の案内先があるので、そこを選択する。

繋がると、税金相談センターなるところに電話転送をしてもらうことができ、待つこと10分ほど。。

やっと税金相談センターに繋がり、質問した。

筆者:給与以外にかかる住民税がマイナスの場合、確定申告時に『普通徴収』を選択すると特別徴収になってしまいますか?

担当者:それは管轄の区役所の課税課に聞いてください。

え。。税務署やないんかい!

とまぁまた一つ勉強になった筆者は、再度区役所に電話をして聞いてみようと思う。

その時の模様はまた記事にしたいと思う。

続く

ABOUTこの記事をかいた人

東京都在住30歳の♂、本業はサラリーマンです。 「楽しむために楽をしない」をモットーに、考えるだけでワクワクする死ぬまでにやりたいことをリスト化し、毎日書き留めていきます。 誰しも興味は持っているけど経験したことがないテーマについて、実際の体験談に基き、共感してもらえるように綴っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします♪