自分は平凡な人生で良い!クレヨンしんちゃんの野原ひろしになりたい?

ひこまる(@hikomaruuu)です。

皆さんは、クレヨンしんちゃんの野原ひろしをご存じでしょうか。

知っている方は、彼にどのようなイメージをいだいているでしょうか。

野原家のはらけの大黒柱?

二葉商事の営業係長?

足が臭い?笑

まぁいずれにしても、おそらく大半の人は、「一般的なサラリーマン」程度の印象しか持ち合わせていないでしょう。

ですが、実は野原ひろしは今の時代ではハイスペックサラリーマンなんです!

野原ひろしとは

野原ひろしとは、このアニメの主人公しんのすけのお父さんです。

このアニメが放送され始めたのは1992年で、当時のうだつのあがらない平均的なサラリーマンとして設定されたキャラクターになります。

アニメの中では、妻のみさえ(しんのすけのお母さん)に、「万年係長」「安月給取り」だのボコボコに罵られているシーンが多数登場しますが、彼のスペックは以下である。

時代とともに設定がエリートになっていく男

この平均年収が300~400万と言われている時代に、彼のスペックを見て安月給や平凡なサラリーマンと言う人はいないでしょう。

引用:平成21年調査:世帯当たりの年収の平均値と中央値

むしろ地方勤めで年収650万円はハイスペック男子だ。

このように時代の移り変わりとともに、当時の日本では平凡なサラリーマンだったのが、今ではエリートになっているのです。

何故そうなっているかというと、失われた30年とも呼ばれていますが、ここ数十年もの間、消費者物価指数(物価の変動)は変わりない(むしろあがっている)にもかからず、平均年収は下がっており、景気が悪かったためです。

自分は平凡な人生で良いと考えているあなたへ

自分はひろしのように、一般的なサラリーマンとしてそこそこの会社で勤め上げ、子どももいてペットも買って家を建てて地方に住む、そんなごくごく平凡な生活を送れればそれで満足です!

と考えている人はかなり多いと思う。

いや、もはや考えることすらせずに、右を見て行動しているだけの、自分の考えはなくただただサラリーマンをしている人が大半でしょう。

しかし、そのような平凡サラリーマンスキームは、もうないということに気づくべきです。

そして気づいたら、会社や国に依存するのではなく、投資でも副業でも何でもよいので自ら行動し、豊かな人生を送っていきましょう!

以上です。

ABOUTこの記事をかいた人

東京都在住30歳の♂、本業はサラリーマンです。 「楽しむために楽をしない」をモットーに、考えるだけでワクワクする死ぬまでにやりたいことをリスト化し、毎日書き留めていきます。 誰しも興味は持っているけど経験したことがないテーマについて、実際の体験談に基き、共感してもらえるように綴っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします♪