【目標実現】やりたいことを紙に書き出すと夢は実現する

ひこまる(@hikomaruuu)です。

「いつか世界一周旅行をしてみたい」「いつか富士山に登ってみたい」「いつか海外で働いてみたい」 いつかいつかと言い続けて、結局達成できていない、ということはありませんか?

毎年、お正月に立てた目標はすっかり忘れ去られ、夢を達成するための努力を怠っていませんか?

この記事では、あなたの「いつか」を現実のものにするためのたった一つの方法を紹介します。

それは、やりたいことを紙に書き出すということです。

●この記事はこんな人におすすめ。
・目標が持てていない人
・目標の叶え方が分からない人
・目標を作ってもすぐに忘れてしまう人

やりたいことを紙に書き出すと夢は実現する

まずは、あなたのやりたいことを紙に書いていきましょう。

頭に思い浮かべるだけではいけません。ポイントは、紙に書くというところにあります。

何故なら、紙に書いたことは実現されるからです。

その根拠として、2つ例を挙げたいと思います。

ハーバード大学で行われた実験

やりたいことを紙に書き出すと夢は実現するということについて、ハーバード大学で行われた非常に興味深い実験があります。

ある教授が、目標の有無について学生に質問をしたところ、学生の84%は目標を持っておらず、13%は目標を持っているが紙には書いておらず、3%は目標を持ち紙に書いている、という結果が得られました。10年後その教授は、目標の有無について質問をしたのと同じ元学生たちに対し、全員の年収を調査しました。すると、当時目標を持っていた13%の元学生は、目標のなかった84%の元学生の約2倍もの平均年収があり、目標を紙に書いていた3%の元学生は、残り97%の元学生たちの10倍にも及ぶ平均年収があることが分かったのです。

もちろん、この実験結果から安易に「紙に目標を書けばすべてうまくいく」という結論を導くことはできません。しかし、紙に目標を書くという行為は、頭に思い浮かべた目標を言語化し、文字という目に見える形に残すという作業。自分が実際に手を動かして紙に書き起こした目標を、自分の部屋や机など毎日目にする場所に貼っておけば、その目標に自然と意識が向きますから、行動を起こしやすくなるでしょう。

今年こそ「いつか」の夢を実現する。夢をつかむために始めたい、3つのこと。

2019聖帝全国ツアー爆発寸前GIG

このブログでも良く紹介させていただいているサウザーさんのリアルセミナーに参加した時に、サウザーさんは『スピリチュアル的な話で恥ずかしいけども、やって良かった自己啓発の一つ』を紹介してくれました。

それは、『ガチガチの5か年計画を立てて、それを紙に書く』というものだった。

リアルセミナーでは、資本主義ゲームの富者サウザーさんがインフルエンサーや不動産大家として成功を収めるにあたり、その行為がいかに大切であったかを教えてくれました。

紙に書きだした目標は常に自分の見える位置に置いておく

目標を紙に書き出した後は、その目標に向かってひたすらに行動を重ねるフェーズに入っていくので、その目標を常に頭に置いておけるようにする工夫が必要です。

よって、紙に書き出した目標は常に自分の見える位置に置いておきましょう。

例えば、ベットの横に置いておくも良し、自分の手帳の中に置いておくも良しです。

私は、奥さんの反対を押し切り、自宅のトイレの壁に貼っております。笑

まとめ

いかがでしょうか。

この記事では、あなたの「いつか」を現実のものにするためのたった一つの方法である、目標を紙に書き出し、それを自分の見える場所に常に置いておくことについて紹介しました。

良く思考は現実化すると言いますが、思考だけでは実現はしません。

ぜひ、試してみてください。

以上です。

ABOUTこの記事をかいた人

東京都在住30歳の♂、本業はサラリーマンです。 「楽しむために楽をしない」をモットーに、考えるだけでワクワクする死ぬまでにやりたいことをリスト化し、毎日書き留めていきます。 誰しも興味は持っているけど経験したことがないテーマについて、実際の体験談に基き、共感してもらえるように綴っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします♪