日本は財政破綻する?デフォルトや預金封鎖について分かりやすく解説

ひこまる(@hikomaruuu)です。

今回は衝撃的な内容になりますが、日本が金融危機に陥り、財政破綻し、デフォルト(債務不履行)する可能性について、筆者が推察してみようと思います。

日本が財政破綻するかなんて先のことは誰にも分かりませんし、私も望んでいません。

しかしお金について勉強すればするほど、不安は募る。

この記事では、そのようなあってはならないブラックスワンが起こる可能性があることを把握しておくこと、そして対策はしておきましょうよという話。

日本の借金がやばいことに(日本の借金時計)

皆さまも聞いたことはあると思いますが、日本の借金は1100兆円を超えており、私たちにとってそれが何を意味するのか、現実味が沸かない数字になっています。

参考までに、以下のサイトを見てみてください。

日本の借金時計

何このサイト。怖いんですけど。。と思った人が大半ではないでしょうか。笑

過剰にびびる必要はありませんが、このデータは財務省が出しているデータから引用されたデータから算出されたものであり、真実であることには変わりない。

データによると、毎年20兆円のスピードで借金が膨らんでいる状態。

ちなみに、私たちは豆腐の一丁二丁には精通しておりますが、、一兆二兆いわれてもピンと来ないですよね?笑

これは家庭で例えると、月給50万円の私に黙って妻が毎月20万円借金(70万円使いこんでいる)している状態。

あなたごめんね、とその状況をゲロッたに妻に私が、

『おいおいマジかよ、でも借金してしまったものはしょうがない、で?一体いくらつまんでいるんだ!』

と聞くと、実は…1128万円なの。。

いや破綻してるて!っちゅー話になりますわね。w

じゃあ日本って何故破綻していないのでしょうか?

そもそも日本が借金するとは…

国の借金って意味が分からない。と私は勉強を始めたときに思っていましたので解説しましょう。

国は自らお金を刷る(量産)ことはできない

国って別に自分でお金は刷れるし、と思っていましたが、それはできません。

お金を刷ることのできる権限を持っているのは日本銀行であり、国にその権限はありません。

勝手に国がお金を刷りまくると、お金の供給量が増えてインフレーション(円安&物価上昇)が起こる可能性があるため、それぞれの機関に権力を分散しているわけですね。

国が使うお金は税金、足りないものは国債で調達

タイトルの通り、国を運営する(たとえば道を作ったり、公務員にお金を払ったり)お金は、基本的には税金で賄っていますが、お金が足りず、毎年借金しているのが日本の財務状況でしたね。

ちなみに2019年10月から消費税を10%に増税しましたが、これくらいじゃ20兆円は賄えません。

それどころか、ますます国民の財布のひもが固くなることでしょう。

では、この借金はどうやって調達しているかというと、国債を発行して販売することでお金を手に入れているのです。

国債って何?誰が買っている?

国債とは、国が発行する債券である「国庫債券」の略称で、国が資金調達する手段の1つ。

機関投資家、及び個人投資家の方々は、国債を購入することで、国が設定した金利を半年に1回受け取れ、満期(5年、10年と商品によって変わる)になると、投資した元本が投資家に戻ってきます。

国が破綻しない限り、元本割れリスクはありません。

現状は日本は何で財政破綻していないの?

前提として、国債を発行する(借金)=悪ではないことは理解しておきましょう。

別に1120兆円あろうが2000兆円あろうが、返済できれば良いのです。

日本が資金収支計画(資金繰り)が行き詰まっていない(破綻していない)理由は簡単です。

日本の家計金融資産(つまり一般家庭の人が保有している現金や株などの金融資産)が1800兆円あるからです。

日本銀行:2019年第2四半期の資金循環

つまり、国は1120兆円借金しているけど、日本国民は1800兆円持っているから、破綻しないで済んでいるんです。

先ほどの家庭の例で言うとところの、妻が1128万円借金しちゃったけど、自分の親や子どもの資産も含めると1800万円ある状態。

あ~、なら別に良いじゃん、と思ったあなた。甘い!!

国が返すことができなくなった借金はあなたの持つお金から返すということは、すなわち、お金を国に取られてしまうことなのです。

つまり、いざとなったら徳政令を出して、国民からお金を取って借金返済すれば良いじゃん、という思想だ。

日本は今後も財政破綻しない!という意見も一応ある

ネット上では情報が錯綜しているので、正直お金の勉強を始めた方が、どれが正解かを見極めることは極めて難しいでしょう。

日本が破綻するのでは?の議論に対しては、以下のような反論が良く見られるので紹介する。

「借金の金額は巨額でも、政府には十分な資産があるので問題はない。1000兆円は国民を驚かす過大な数字である」といった反論がある。さらには、「発行済みの日本国債の多くは、日本郵政や日銀などの公的機関が資産として保有しており、それは国の借金(負債)と相殺できるので、国全体で見た実質的な借金はもっと小さい」という主張もある。

もし、そうであれば、我々国民は借金など気にする必要はなく、まだまだ借金を続けられる。地元の公共事業などを増やしたい政治家にとっては、それは嬉しいが、果たしてそのようなうまい話はあるのだろうか。

DIAMOND ONLINE

この記事に書いてある通り、心配がいらないわけがない。

また、大前研一氏の記事も紹介する。以下の記事には、資産を不動産等にシフトしようという意見もある。

日本が国債暴落、ハイパーインフレという地獄の入り口に立つ

アベノミクスの失敗を市場が認知すればどうなるか。
国債は暴落し、日本はハイパーインフレという地獄の入り口に足を踏み入れることになります。
日本の国債がこれまで安泰と受け止められてきたのは、そのほとんどを日本人が購入しているからです。自国の国債が暴落しては自分たちが困りますから、売りに走ったりはしないと考えるのが普通です。

しかし明確に意識して国債を買っている個人は非常に少なく、実際に買っているのは日本の金融機関や日銀です。金融機関であれば、いざとなれば資産を守るために売り逃げに転じる可能性もあります。
海外では日本国民が国債を買っているのだと錯覚し、投げ売りが生じないと考えているようですが、そんなことはないのです。

また最近は外国人の持分も増えています。一気に売りに転じるなど、外国人の取引状況によっては暴落につながる可能性もあり、油断はできません。

大前研一「日本が突入するハイパーインフレの世界。企業とあなたは何に投資するべきか」

なお、「ホリエモンのQ&A vol.266〜日本も財政破綻!?〜」でも語られているのでご参考に。

日本が財政破綻し、デフォルト(債務不履行)すると何が起こる?

・預金封鎖(銀行に預けていたお金が引き下ろせなくなる)

・ハイパーインフレ(円の価値が下がり物価の価値が急激にあがる(パン一個1万円など))

・公務員への給料が払えず国の治安が悪化

などが考えられます。

いや~この先進国の日本でそんなことありえないでしょう!

国が守ってくれるに決まっている!

と考えているあなた。

実は日本、昭和 2 年と昭和 21年に事実上デフォルトしております。

前科 2 犯なのです。

詳しくは以下の動画を見るのが良いでしょう。

【動画あり】過去に日本はデフォルト(債務不履行)した(NHK預金封鎖)

【閲覧注意】NHKが放送したこの動画はかなり衝撃的でした。

いかがでしょうか。

うむ。。。

過去は過去!今の日本でデフォルト(債務不履行)はありえない?

過去に日本がデフォルトした時と今の日本は状況は異なります。

戦後まもなくの日本は苦肉の策でデフォルトしたのであり、世界でもトップクラスに恵まれているこの先進国日本で、起こるわけがない!

という人が大半ではないでしょうか。

しかし、上記の動画の最後のアナウンサーの言葉通り、今の日本と当時の日本を安易に重ね合わせることはできないけども、日本の財政水準は先進国でも最悪の水準まで悪化していることから、終戦直後に起きた歴史上の出来事と片付けてはならない問題だとも言えます。

また、データに基づく話しはそれこそ様々な情報がありますので精査して理解を深めてください。

一つだけ指標を挙げておきます。

平成31年1月. 財務省主計局. 我が国の財政事情

これを見て皆さんはどうお感じでしょうか。

知識不足なら今すぐ色々と調べてみると良いかと。

そしてこうした現状を踏まえ個人としてどうして行くのか考えるべきだと、私は思います。

ちなみにお隣の韓国さんもまずい状況なのはご存じでしょうか。

サムスンやLGなど、世界トップクラスの企業を持つ先進国韓国でさえです。

詳しくは書かないので、気になる方は『韓国 デフォルト』で調べて見てください。

まとめ

日本が金融危機に陥り、財政破綻してデフォルト(債務不履行)する可能性についてお話してきましたが、いかがでしょうか。

この記事で言いたいことは、デフォルト(債務不履行)怖いね、ではなくて、、もし円が暴落したり、ハイパーインフレに傾いたりしたりするカントリーリスクがこの国にはあることを理解・把握し、その対策だけは取るべきということです。

重ねて、年金にまつわる社会保障の問題は末期症状と言っていいステージに突入しております。

にも関わらず、大半の人は結局なにもしません。日々の忙しさを優先し、思考停止をします。

今一度、「自分は本気で考え方を変える必要があるのか。」ご自身に問うてみてはいかがでしょうか。

以上です。

ABOUTこの記事をかいた人

東京都在住30歳の♂、本業はサラリーマンです。 「楽しむために楽をしない」をモットーに、考えるだけでワクワクする死ぬまでにやりたいことをリスト化し、毎日書き留めていきます。 誰しも興味は持っているけど経験したことがないテーマについて、実際の体験談に基き、共感してもらえるように綴っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします♪