感動。。麻布十番ヒルトップカシータの接客で味わう非日常(HILL TOP Casita)(2/2)

ひこまる(@hikomaruuu)です。

【注意】麻布十番ヒルトップカシータは閉店し、ループというお店に変わっています。

前回、私の人生でもトップ3には入るであろう、大変心地良いサービスを提供していただきました、ヒルトップカシータ(HILL TOP Casita)さんの、ラグジュアリー感漂うオシャレ空間をご紹介しました!

感動。。麻布十番ヒルトップカシータの接客で味わう非日常(HILL TOP Casita)(1/2)

この記事では、もう2つの魅力である、以下の2つをご紹介します。

・フランス料理の技術を用いながら日本の食材を織り込んだ料理

・一生記憶に残る極上の接客

フランス料理の技術を用いながら日本の食材を織り込んだ料理

さて、今回訪れたのは9月末。一年で一番美味しい季節、秋の食材がふんだんに使われたコース料理です♪

左上:フィンランド産 キャビア

右上:MOETと部屋のかざり

左下:金華山沖 金華サバ 有機人参のラペ シャンパンヴィネガー仕立て

右下:北海道厚岸産とれたフレッシュオイスター 赤ワインビネガーとエシャロットのドレッシング

柿とパルマ産プロシュートのコンポジションを撮り忘れてしまったのですが、、

その名の通り、柿とプロシュート(生ハム)が別々に出てきて、それを自分で巻くなどして組み立てる(コンポジション)料理でした♪

左上:和のきのこを使ったポタージュ パン・ド・カンパーニュのクルトン

右上:本日市場からの鮮魚の料理 食材を一番美味しくする調理法で

左下:フォアグラのキャラメリゼ 青森リンゴのタルトタタン バター香るフィユタージュ

右下:仙台黒毛和牛の炭火焼き グラスマロンソース 秋の香り

どれも本当~に美味しかった!

また1品1品の量も適切で、すべての料理をしっかり堪能できます!

一生記憶に残る極上の接客(プライベートルーム編)

さぁ、いよいよ一番伝えたい内容です。

・まずお店の外に着くと、既にスタッフさんがお出迎えに来ています。

○○さま、お待ちしておりました。とにこやかに挨拶をするスタッフさん。

高級ホテルではあるサービスですが、飲食店では始めてのサービスで、いきなり驚かされました。。

・今回は妻の誕生日で利用させていただいたのでですが、大変多くのサプライズをご用意いただきました。

それがこちら!

スタッフさん手作り!お祝いの絵とメッセージボード!

東京タワーの絵入のバースデーパン!

これを料理の途中で挟んでくるわけですね~。このパンどうやって焼いてるの~~!?

大変テンションの上がりました♪

最後の料理が終わったら、ルーフテラスに移動しませんか?と声をかけていただきます。

一生記憶に残る極上の接客(ルーフテラス編)

ルーフテラスとはここでしたね!

移動して、用意していただいた机に向かってブラックライトを照らすスタッフさん!

スタッフさん:改めておめでとうございま~す!!

おぉ~~~~~~~!!!

さらにさらに本日のデザート登場!

うまそ~!!

ここで、デザートに気を取られている妻に気付かれないように、前もってお店に届けていたプレゼントをさっと渡してもらい、プレゼント贈呈!

完璧!!スタッフさんありがとう!\(^o^)/

と思ってデザートも食べ終わりまったりしていると、秋も近づいてきていて寒くなってきましたよね~と、カフェオレのサービス。。。

以上、誕生日おめでとうサプライズ5連発でした!!笑

ここまでサービスするためには、出すタイミングや準備など、大変だったと思います。

終始笑顔で対応してくれたスタッフの皆様、大変ありがとうございました!

またいつか大切な日を祝う時は、お邪魔させていただきますね♪本当に素敵な夜になりました。

そしてカシータを検討している皆さん!

カシータは必ず皆様の記憶に一生残るサービスをしてくれると思います!ぜひ行ってみてください♪

以上です。

ABOUTこの記事をかいた人

ひこまるは大手東証一部上場企業にて、人工知能を活用したサービス企画職に携わるサラリーマン32歳。 死ぬまでにやりたいことをリスト化したバケットリスト達成のため、大学生の頃からリストを更新し続け、達成したリストの数は200を超えるが、時間とお金がかかるリスト(例えば世界一周旅行)は達成できずに蓄積され続ける。 そんな折、アーリーリタイアして働かずに生きる投資家や同じ志を持つ仲間と出会い、バケットリスト達成には、国や会社に依存せず、自ら資産形成して経済的にも時間的にも自立する必要があることに気づき日々邁進中。 レールがないこの時代を生き抜くための方法を模索し、自分の学びを共有する場として本ブログ(バケットリストと経済的自立)を執筆しています。 年金受給額引き下げや受給年齢引き上げ・終身雇用制度や退職金の廃止が進んでいく昨今、本ブログを通じて、ともに歩んでいける人が増えると幸いです。