今絶対やるべきおすすめキャッシュレス決済とは?キャンペーンでポイント還元・キャッシュバック!

ひこまる(@hikomaruuu)です。

利用金額の20%が還元されます!

ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁してできた、PayPay株式会社が行った『100億円あげちゃうキャンペーン』が、キャッシュレス決済の戦国時代の幕開けでした。

キャッシュレス決済界で頂点を勝ち取るために、クレジットカード、電子マネー、QRコード決済を提供する各企業では、様々なサービスとキャンペーンを打ち立てては、我々消費者にとって非常に分かりづらい状況となっています。

さらには、経済産業省が推進しているキャッシュレス・ポイント還元事業(キャッシュレス・消費者還元事業)まで登場してくるともはや混乱状態。。

この記事では、キャッシュレス決済とは一体何なのか?結局どの決済手段が一番良いのか、について、一年間に20万マイルを貯めた陸マイラーひこまるが解説します。

本編に入る前に、この記事の結論を先に言うと、『現金はもう不要!キャッシュレス決済しよう!』になります。

↓↓↓動画でも説明していますので良かったらご覧ください↓↓↓

キャッシュレス決済とは

紙幣・硬貨といった現金を使わずに支払う決済方法のことで、大きく3種類に分かれます。

キャッシュレス決済の種類

①クレジットカード(言わずもがな)

②電子マネー(Suica、iD、QUICPay、KYASHなど)

③QRコード(PayPay、LINE Pay、d払い、楽天Payなど)

厳密にいうとデビットカードもキャッシュレス決済の一種ですが、キャンペーン等も何もなく何のメリットもないので覚えなくて良いです。

キャッシュレス決済のメリットは?

キャッシュレス決済のメリットは大きく以下の2つです。

キャッシュレス決済の種類

・ポイントや現金でキャッシュバックがあるので節約できる!

・パーソナルファイナンスの管理がしやすい(支出の管理がしやすい)

このメリットは本当に大きく、私は現金払いを極力したくありません。

今キャッシュレス決済をした方が理由

理由①:キャッシュレス・ポイント還元事業の開始

割引:上の赤いCASHLESSマークが付いているお店で2~5%
期間:2019年10月1日~2020年6月

日本は世界的にキャッシュレス化が遅れていることから、世界水準への引き上げ及びインバウンド対策として、経済産業省が2800億円ものお金を投資し、キャッシュレス化を推進しているのです!

これだけお上が大判振る舞いなのも珍しい。

やらない手はありません!

理由②:キャッシュレス決済戦国時代の過度なキャンペーンの実施!

このキャッシュレス戦国時代だからこそできる、過度なキャンペーンが多く実施されています。

キャンペーンの内容によっては、ポイント還元ではなくキャッシュバック(現金をくれる)してくれる企業もあります。

しかも決済額の20%、なんてレベルで。どう考えてもやらないと損ですよ!

今絶対やるべきおすすめキャッシュレス決済

クレジットカード

・リクルートカード(日常使いにピッタリ高還元カード)

・三井住友カード(最大12,000円分キャッシュバック)

電子マネー

・KYASH(プリペイドカード)

QUICPay(何枚でもOK!最大10,000円キャッシュバック)

ダウンロードすべきQRコード決済アプリ

・Pay Pay、LINE Pay、d払い、楽天Pay(過度なキャンペーンがいつ起こるかわからない!100億円あげちゃうキャンペーン等)

おすすめの理由は、リンク先のキャンペーンを参照してみてください。

まとめ

いかがでしょうか。

良く分からない、、と言う人も、どれか一つでもキャッシュレス決済を行って、お得や便利さを享受してみてください。

現金には戻れなくなるのでw

先述しましたが日本はキャッシュレス決済が非常に遅れており、今でもランチは現金のみで、、なんて店ばっかりなんですが、2020年のオリパラに向けて一刻も早くキャッシュレス化が進むことを祈ります。

以上です。

ABOUTこの記事をかいた人

東京都在住30歳の♂、本業はサラリーマンです。 「楽しむために楽をしない」をモットーに、考えるだけでワクワクする死ぬまでにやりたいことをリスト化し、毎日書き留めていきます。 誰しも興味は持っているけど経験したことがないテーマについて、実際の体験談に基き、共感してもらえるように綴っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします♪